TAKUYA > PROFILE

名前 : 吉永 拓哉 Takuya Yoshinaga

Mail : takubra@hotmail.com
URL : http://www.edomacho.com


現在、サンパウロ新聞にて
渡伯した日系人の方々のご苦労、偉業を世界中に伝える為
南米〜日本中を駆け巡っております。

作家活動、コラムニスト、フリーライターとしても活動中。
南米関連記事作成の御依頼もお気軽にご相談下さい。

☆ 吉永 拓哉 プロフィール ☆

1977年・博多で生まれる(父はコーヒー会社経営 母は料亭の娘)

1991年・中学校2年生で学校側から登校拒否される(原因は校内でのシンナー吸引)

1993年・15歳で背中に龍の刺青を彫る

1995年・福岡市内の指定暴走族グループ副総長を務める

1996年・定時制高校2年生で中退(原因は校内でのマリファナ吸引)

1997年・逮捕され、少年院送致される

罪状・覚せい剤取締法違反、共同危険行為(暴走行為)、暴力事件

少年院で20歳を迎える(仮退院後、社会復帰する)

新天地を目指してラテンアメリカ大陸へと渡る

1998年・エクアドルのバナナ農園で働く
(外国人から拉致されるが、間一髪で脱出する)

1998年・ペルーの民芸品店で働く
(アンデス山脈を旅する)

1998年・ボリビアのコチャバンバ市にて不法入国容疑で連行される
(後に誤解が解けて釈放される)

1999年・ブラジル東北部でラブホテルの従業員となる
(ブラジルが好きになる)

2000年・日本に凱旋帰国(日本と南米の架け橋役になることを決意する)

地元博多で不良少年改心の会「フロンティアクラブ」を設立

南米の物産販売会社を設立 「エクアドルの日本人」を自費出版

2001年・ブラジルの永住権を求めて、再びブラジルに戻る

アマゾンの奥地に住み、日本人移住者から世話になる

ブラジル南部のカウボーイの町に移る

2002年・一時帰国

福岡を訪問したフジモリ元大統領のSPを務める

2003年・ブラジルのギャング団に命を狙われる
(間一髪で日本に逃げ帰る)

商談のためペルー、チリ、アルゼンチンを渡り歩く
(これを機に再びブラジル永住を志す)

2004年・ブラジルの永住権を取得(直後にブラジルへ戻る)

ブラジルの日刊邦字紙「サンパウロ新聞社」に入社

(社会部記者として巧みな語学力を生かす)

ブラジルのテレビCMに採用される

(フィリップス省エネ電球の宣伝で僧侶役)

2006年・日本へ帰国。サンパウロ新聞社福岡支局を設立

NPOチャレンジ・ブラジル福岡支部を開設

元ヤン・イラストレーター、コラムニストとしてデビュー

(現在、雑誌などでイラストやコラムを連載中)

2007年・新聞連載のためブラジルへ出張、アマゾンの奥地をバイクで行く

強盗団による銃撃戦に巻き込まれる
(神のご加護でまたまた命拾いする)

イラストレーター3兄弟の血族事務所「スタジオ・エドマッチョ」を設立

『シティ情報ふくおか』にて、コラム「ぶらじる番長モノ申ス!」の連載開始

2008年・『ぶっちぎり少年院白書』(二見書房)を全国出版。作家デビューする

ブラジル日本移民100周年の取材でブラジルへ出張中

☆ 吉永 拓哉 活動 ☆

・日本とラテンアメリカの架け橋
・取材およびサンパウロ新聞社に記事を配信
・在日ラテンアメリカ人との交流
・アルベルト・フジモリ元大統領の支援
・ブラジル相談窓口
・ヤンキーアートを展開


☆ 吉永 拓哉 が所属する団体 ☆

・コイザス・ド・ブラジル文化協会
・G.R.E.E.S. 52(サンバチーム)
・ローリング・ナイツ(矢沢永吉の集い)
・養秀会(実践空手)
・北九州韓国の会
・中央乃木会(乃木大将崇拝の会)
・フロンティアクラブ(不良改心の会)


サンパウロ新聞社
 http://www.spshimbun.com.br/

NPO法人チャレンジ・ブラジル
 http://www.challenge-brasil.com/

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
★★江戸マッチョってなぁ〜に?★★
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

STUDIO Edomacho とは

長兄 吉永 拓哉(@サンパウロ新聞/記者)
次兄 よしなが こうたく(@東京07年01月→福岡)
末妹 YURI(@福岡)

で結成された
夢の吉永家血族ユニット
イラストレーション事務所です。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
★★ カフェもあるらしいですな ★★
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ええ。そうなんです。
その名は

Cafe Edomacho ーカフェ 江戸マッチョー

事務所と併設してカフェも
2007年3月28日にオープン致しました。
皆様是非遊びに来て下さいませ。


=========================

■次男こうたく より
かくゆう私も10代の頃には私生活、観念において
長男からは多大な影響を与えられたわけですが、
ある日、ネタ拾いの為、
高校時代のスケッチブックをめくってましたら
たまたま長男が描いた楽書きを見つけまして・・・
長男の楽描き、バイク写真を改めて見直したらば
純粋にアートとして、そのクオリティ、独創性、文化に
驚嘆致しました。ので、HP開設と相成りました。